『西奥歯科医院 中之島の歯科・歯医者・インプラント』

中之島ダイビル7F

大阪府大阪市北区中之島3-3-23
中之島ダイビル7F

TEL:06-6445-2409
24時間ネット受付

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、口腔内の細菌による感染症で、細菌が歯肉に感染して起こる病気です。
主に歯周ポケット(歯と歯肉の境目にある溝)に存在する細菌が原因で進行して行きます。歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯肉を腫らし骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます。
歯周病は軽度の場合自覚症状はありませんが、中度の場合は出血や歯茎の位置が下がり始めるなどの目に見える症状があり、重度の場合は歯がグラグラしてくるようになり、ひどい口臭の症状もみられるようになります。
歯周病の難しいところは、軽度の場合ほとんど自覚症状が無いために放置してしまい、中度になった頃に治療を始める方が多いという点です。 軽度のうちに治療していく方が治りやすいのはどんな病気でも同じです。歯周病の場合、若い方でも気が付いた時には致命的に重症化しているケースもあります。
歯周病のサインを早めに見つけるのはもちろんですが、定期的なメンテナンスをお勧めします。
 

歯周病の原因

ブラッシングが不十分である場合、歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)がたまり、そこについた細菌が様々な毒素を出して歯肉や歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして行きます。これが歯周病の始まりです。

歯周病の進行

軽度歯周病

歯周ポケット内に歯石やプラークが付着した状態が続くと歯肉が炎症を起こし歯肉炎になります。歯周病とはこの段階から細菌感染が進んだ状態です。
歯肉が腫れ上がり、歯周ポケットが4~5mm程度になり、ブラッシング等の刺激で出血します。
感染の進行により結合組織付着が剥がされ、その組織は元に戻りません。
この段階では歯周病の自覚はほとんどありません。

 

中度歯周病

歯肉の炎症が進み、赤みや腫れがひどくなってきます。
結合組織付着の喪失が進み、さらには細菌感染が骨部へ進行し破壊されていきます。歯周ポケットが5~8mm程度まで深くなり、ブラッシング等での刺激による出血量が多くなります。
この段階でほとんどの場合は歯周病を自覚し始めます。

 

重度歯周病

歯肉の炎症がさらに進み、赤身が増し柔らかくなってきます。
組織の破壊が進み、歯の骨部や歯肉が少なくなり、歯周ポケットが8mm~になります。
歯がグラグラになったり噛む力が弱くなったりします。また、歯に違和感を感じ、歯と歯の間にも隙間が目立つようになります。
ブラッシング等の刺激で血だけでなく膿が混じることもあり、ひどい口臭の症状も見られるようになります。

 

歯周病の治療

1.検査

歯肉の状態や歯周ポケットの深さ、X線検査により歯周病の進行状態、歯のぐらつき、清掃状況を把握します。

2.ブラッシング指導

一番大切な事は、日頃のホームケア(歯磨き)です。
歯肉溝にプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、歯につき始めたプラークをしっかり落とす事が大切になってきます。
歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。

3.歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)

スケーリングではスケーラーという器具を使用して、主に歯肉から上に付着した歯石を除去し、ルートプレーニングではキュレットという器具を使用して歯根面の歯石を除去したうえで根面をつるつるにして細菌のつきにくい環境にします。
軽度歯周病はこの治療で治ります。中度歯周病でもこの治療で治る場合もあります。

4.再検査

再度歯周組織の検査を行い、更に治療が必要かどうかを判断します。

5.フラップオペレーション(切除療法)

スケーリング・ルートプレーニングで良くならない場合や重度歯周病の場合は、歯周外科治療を行います。

6.歯周組織再生誘導(再生療法)

歯周病によって破壊された骨は通常再生することはありませんが、上記のフラップオペレーションに加えてゴアテックスやコラーゲンなどの膜を貼り付けたりエナメルマトリックスと呼ばれるたんぱく質を塗布することで、歯周組織の再生を促進させることができます。
これは骨も再生できる最新治療で、手術により元の健康な状態と同じ構造で組織を回復させる事ができます。

7.メンテナンス

歯周病治療が一通り終了した後、健康な状態を保ち再発を予防するために1~6ヵ月ごとに行います。
歯周病は再発しやすい病気の為、ホームケアによる日頃のブラッシングやプロフェッショナルケア(スケーリング・PMTC)が必要です。

歯周病と歯周組織再生EmdogainGel

エムドゲインゲルは、赤ちゃんの時の歯の発生過程の研究から生まれた歯周病患者様のためのブタ歯胚組織を使用した歯周組織再生用材料です。
 

  • 歯周病とは?

歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病があります。むし歯は"歯そのもの"が破壊される病気ですが、歯周病は"歯を支えるまわりの組織(歯周組織)"に起こる病気です。自分で気がつかない軽い歯周病を含めると、40歳以上の成人のうち、5人に4人以上が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。
 

  • 歯周病はどうして起こるの?

歯周組織歯肉(歯ぐき)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根(歯の根元)をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えています。しかし、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。これが歯周病の始まりです。

 
  • 歯周病の治療法は?

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。この手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための、歯科用の材料が使われることがあります。
 

  • エムドゲインゲルとは?

エムドゲインゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発されたブタ歯胚組織を使用した新しい歯周組織再生用材料です。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので、世界44ヵ国以上で使用されています。
 

  • エムドゲインゲルを使った治療方法について

手術の前に
歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを測ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います(図1)。 エムドゲインゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者様の健康状態によっても異なります。

歯周外科手術
手術は麻酔をかけて行います。まず最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します(図2~3)。次に歯根表面の清掃を行い(図4)、エムドゲインゲルを塗布します(図5)。 最後に切開した歯肉部分を縫合し(図6)、手術は終了です。手術にかかる時間は約1時間前後で、手術後、しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

手術後の注意点
◆手術創は速やかに治癒しますが、手術部分の歯みがき等は注意して下さい。また、指や舌で手術部分を触らないで下さい。

◆手術後の感染を防ぐために、術後3~6週間は、消毒薬で口の中をよく洗浄するようにします。抗生物質が必要な場合は、指示に従って服用して下さい。





注意:再生の程度・期間等に関しまして患者様によって異なります。

 
  • 定期的な受診について

機能的な歯周組織を取り戻すまでには、数ヶ月から1年程度かかります。歯周組織が再生する期間、および程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。 術後のスケジュールの詳細も患者様によって異なりますので、必ず定期的な検査を受けるようにして下さい。治療が終了した後も、口の中の衛生状態を定期的に検査することをおすすめします。

歯周病を再発させないためには、歯や歯の周りをいつも清潔に保つことが大切です。
西奥歯科医院と相談しながら、いつまでも自分の歯を大切にして下さい。

 
  • 歯周病が進行すると?

初めは自覚症状がなく、鏡で見ても気がつきませんが、そのうち歯肉が赤くなったり腫れたりします。 プラークが石灰化し歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯肉が付着している部分にすき間(歯周ポケット)ができます。 さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなります。 この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。



歯ぎしり予防(ナイトガード)

歯ぎしり、くいしばりも歯周病の原因となります。
ナイトガードは就寝中に使用する、透明の樹脂でできている装置です。
歯周病の原因である歯ぎしりによる歯周組織に加わる負担を軽減させることにより、歯周病の予防につながります。
もちろん、歯ぎしりの不快な音も解消してくれます。
ナイトガードは保険適応で5000円程度で製作できます。